島根の学生ブロガー

地方の魅力を発信するブログです

恋愛 マッチングアプリ

マッチングアプリに向いていない人について【特徴3つ】

投稿日:2020年1月24日 更新日:

どうも、島根の学生ブロガー、だいきです。

 

僕は基本的に恋愛をしたいのならマッチングアプリを利用することをおすすめしているんですが、中にはマッチングアプリを利用しなくても良い人もいるんですよね。

 

マッチングアプリを利用すればコスパ良く恋人を作ることができるので、大抵の人はマッチングアプリを利用しておけば間違いはないんですけど、一部例外もありますよと。

 

そこで今回は、「今すぐインストールしてマッチングアプリを利用すべき人」「マッチングアプリを利用すべきではない人」の特徴をそれぞれ説明します。

 

 

非モテこそマッチングアプリを利用すべきという話

そもそも、マッチングアプリは非常に便利で使い方さえ間違いなければすぐに恋人が作れるプラットフォームです。

 

なので、マッチングアプリを利用すれば非モテであっても簡単に恋人を作ることができます。

 

 

恋愛のハードルが低い

恋愛のファーストステップは相手に異性として認めてもらうことになりますが、オフラインの場合、非モテだとここでいきなり足きりされてしまいなかなか恋に発展しません。

 

しかし、マッチングアプリであれば最初から皆が恋愛をしようと意気込んでやってくるので、恋愛対象としてみてもらいやすいんですね。

 

つまり、オフラインで恋愛すると打ち当たる「友達の壁」を一瞬でワープすることができます。

 

なので、「最近、恋がしたい!」って人で過去に恋愛にあまり縁のなかった非モテであれば、マッチングアプリを利用するのが一番手っ取り早いんですよ。

 

 

マッチングアプリは恋人を作るための方法の1つ

だけど、僕がこう言うと

 

「こいつは、ポジショントークをしているだけだ」

 

って騒ぎ立てる人がいるんですが、僕は別にマッチングアプリを推しているのではなくて、「非モテを救済する方法」を推しているんですよ。

 

そのプロセスとして、マッチングアプリを利用することが1つの解なんですよと言いたいだけです。

 

僕は別に、

 

「僕がマッチングアプリで上手くいったから、このブログを読んでいる人たち全員にマッチングアプリを利用して欲しい!」

 

みたいなことは全く考えていません。

 

ただ単純に、マッチングアプリというプラットフォームが非モテを救う最も優れた方法だと思っているからおすすめしているわけです。

 

ですから、仮にあなたが非モテは「マッチングアプリより街コンに行った方が良い」という合理的な理由があるなら、僕は全然街コンをおすすめします。

 

また、「マッチングアプリより合コンに行った方が良い」という理由があるのなら合コンをおすすめしますよ。

 

だけど、実際にはほとんどの人が合理的な理由を説明できないと思います。

 

だからこそ、僕は「マッチングアプリ 」をおすすめしているんですよね。

 

 

こういった人はマッチングアプリを利用するのをやめとけ

一方で、「マッチングアプリをわざわざ使う必要のない人」もいます。

 

それは以下の3つに当てはまる人です。

 

  • ① : イケメン・美女
  • ② : 何か才能がある人
  • ③ : 出会いに困っていない人

 

① : イケメン・美女

イケメン・美女であれば、わざわざマッチングアプリを利用する必要もないでしょう。

 

なぜなら、彼らのもとには何もせずとも誰かしら異性が寄ってきてくれるからですね。

 

たまに地元の連れで「これからマッチングアプリをしたいからアドバイスくれ」と相談してくるイケメンがいるのですが、彼らには「今置かれている環境で何とかなるでしょ」と言っています。

 

確かに彼らのような容姿に長けてる人達がマッチングアプリを利用すれば無双することは間違いないですが、言うてお金はかかるからです。

 

勝手に寄ってきてくれるんであれば、わざわざお金を払ってまで出会いを求める必要はありませんよね。

 

 

② : 何か才能がある人

また、何か才能がある人もマッチングアプリは利用する必要はないと思っています。

 

彼らは突飛的に容姿に秀でてなくとも、どこか異性を惹きつける魅力を持っているからです。

 

例えば、バンドマンであったり、プロスポーツ選手のような何か突飛した特技を持っている人ですね。

 

彼らはほっといてでも注目を浴びるので、誰かしら異性が近づいてきてくれます。

 

このような類の人たちは、わざわざマッチングアプリを利用する必要はないのかもしれません。

 

 

③ : 出会いに困っていない人

あと、マッチングアプリ並みに出会いを獲得できる環境に身を置いている人であれば、わざわざお金を払ってまで利用する必要はありません。

 

例えば、男子学生でありながら看護学校に通っている人であったり、女子エンジニアとして現場に常駐している人ですね。

 

男女比が圧倒的に違う環境に身を置いていると、大してカッコよくなかったり可愛くなかったりしてもそこそこモテちゃいます。

 

ですから、今現在出会いに全く困っていない人であればマッチングアプリを利用する必要はないでしょう。

 

 

結論 : モテる人はマッチングアプリを利用すべきではない

結論何が言いたかったかというと、モテる人はマッチングアプリを利用しなくてもいいんですよ。

 

モテる人はほっといてでも恋愛ができるので、わざわざお金を払ってまでマッチングアプリをやるのはコスパが悪いからですね。

 

だけど、モテる人といってもほんのごく僅かなのでほとんどの人がその枠に入れません。

 

僕もその一人でして、高校・大学と学校で異性にチヤホヤされた経験はありませんでした。

 

ただ、僕みたいな人がマジョリティなのであって、全員が異性に困らないなんてことはないはずです。

 

だからこそ、非モテでどうしようもないって人たちはマッチングアプリを利用しましょう。

 

 

まとめ : 非モテこそマッチングアプリを利用して恋人を作ろう!

というわけで、今回のブログも最終回となりました。

 

現代版打ち出の小槌といっても過言ではないマッチングアプリ。恋愛するうえで何にも困らない人は利用する必要はありません。

 

ただし、それ以外の人はマッチングアプリを利用しましょうね。

 

僕の一押しであるマッチングアプリPairsでは、まず初めに無料で始めることができます。最初の一歩だと思ってダウンロードしてみてください。

 

まずは無料ダウンロード⬇︎
 

ということで、今回はここら辺で締めさせてもらいます。ご視聴ありがとうございました。

 

 

-恋愛, マッチングアプリ

執筆者:

鹿児島県出身で1999年生まれ。現在は島根県立大学に在籍。趣味は島根をhacksしていくこと。最近では浜田市の漁港でアオリイカ狩りにハマっています!