島根の学生ブロガー

地方の魅力を発信するブログです

恋愛

【効果抜群】恋愛工学から得られた役立つラインのテクニックは5つ

投稿日:2019年10月1日 更新日:

どうも、島根の学生ブロガー、だいきです。

 

先日、地元の男友達からこのような質問をされました。

 

「お前、かなりの回数で女の子とデートに行っているよな。何かラインのコツでもあるのか?あったら教えてくれ」

 

ということで、今回はこの質問に答えていきます。

 

本記事を書いている僕は現在、島根で田舎暮らしをしている大学生です。

今回の記事では僕が恋愛工学から学んだ「これは使える」というテクニックを紹介します。

現在、女の子のラインは持っているけれども上手く発展させることができてない人向けの記事です。

 

 

*本記事は3分ほどで読みきれるようになっています。

 

では、さっそく本題に入っていきましょう。

 

 

恋愛工学から得られた役立つラインのテクニックは【5つ】

 

僕が恋愛工学から得られた役立つラインのテクニックは5つです。

 

  • その① : 返信時に相手の名前を入れる
  • その② : 相手に同じであることを強調する
  • その③ : ネタになるスタンプを購入する
  • その④ : 話が盛り上がったところで中断する
  • その⑤ : 相手の興味のある場所をデートに選ぶ

 

順を追って説明していきます。

 

 

その① : 返信時に相手の名前を入れる

テクニックの1つ目は、送信時に相手の名前を入れることです。

 

送信時に相手の名前を入れると親密度がグンっと上がるんですよ。というのも、人が最も好きな言葉は自分の名前だからです。

 

皆さんも過去を振り返ってみるとこのような経験をしたことがあるかと思います。

 

「バイトや職場を始めたての頃、同僚から積極的に名前を呼ばれて嬉しかった」

 

なんて経験。

 

いきなり初対面で下の名前を呼ばれたらドキッとしますが、嫌な気持ちならないのが人間で、むしろ好感を覚えてしまう生き物なんですよ。

 

何と単純w

 

だからこそ、相手とのラインが始まれば下の名前を連呼することがポイントで、これをすると一気に相手との距離を縮めることができるからです。

 

例えば、ご飯に誘うときには

 

「ここに行こう」ではなく、「〇〇ちゃんここに行こう」みたいな感じがGOODですね。

 

まずは、相手に「この人好印象かも」と思ってもらえるために、ガンガンこちらから下の名前を呼んでいきましょう。

 

ラインテクニック1つ目でした。

 

 

その② : 相手に同じであることを強調する

ラインテクニックの2つ目は、相手に同じであることを強調することです。

 

自分が相手と同じであることを強調すると相手に好意的に受け入れてもらいやすくなるんですよ。というのも無意識的に感覚が似ていると思わせることができるからです。

 

学校のクラス替えが終わり新学期が始まるときが良い例で、

 

「初めて話す人が自分と同じである点が1つでもあると親近感が湧いた」

 

なんて経験をしたことがあると思います。

 

このように人って自分と重なる点が少しでもあれば相手に好意を感じてしまう生き物なのです。

 

で、これを踏まえた上でどのようなラインをしていけば良いかと言いますと

 

例えば、相手からラインが来たときに

 

「あっ、ちょうど俺もするとこだった〜」とか

 

ここに行きたいんだけど〜とラインが来たときには

 

「ちょうど俺も同じことを考えてた〜」

 

みたいな感じで相手と自分が同じであることを反復できれば良い訳です。

 

このように反復することで徐々に心理的距離を縮めていくことができますので。

 

まずは、相手に好意的に受け入れてもらうためにも所々にこのようなフレーズを入れていきましょう。

 

ラインテクニック2つ目でした。

 

 

その③ : ネタになるスタンプを購入する

テクニックの3つ目は、ネタになるスタンプを購入することです。

 

ネタになるスタンプを購入することで会話が続かなくなることを防止することができるんですよ。

 

というのも、女性は割とネタ系スタンプに反応してくれるからです。

 

実際に女性に関する研究結果も出ておりまして、男性に比べ細かい所まで意識がいく生き物だと言われています。

 

ですので、男性だったらスルーするような所まで敏感に反応してくれるのです。

 

ここをラインで上手く利用するのがコツで、ネタになるスタンプを所々にいれることで会話を盛り上げることができるんですよ。

 

例えば、話題が尽きてきてピンチの時に、ネタ系スタンプを送信すると

 

「えっ、そのスタンプマジ可愛い。顔の割に意外にそんなスタンプ使うんだね。ワロタw」

 

みたいな感じでさらに会話を広げていくことができますよね。

 

全員が全員の女性がこのように反応してくれるとは限りませんが、期待値はかなり高いです。

 

というのも、普段から僕はネタ系スタンプを多用していますが、男性は全然反応してくれない一方、女性はけっこうツッコミを入れてきたりしてくれるからです。

 

女性はけっこうネタ系スタンプが好きなので、会話が続くのか心配な人はとりあえずネタ系スタンプを持っておきましょう。

 

いざ、困ったときに力を発揮してくれます。

 

ラインテクニック3つ目でした。

 

 

その④ : 話が盛り上がったところで中断する

テクニックの4つ目は、話が盛り上がったところで中断することです。

 

相手とラインをしていると必ずどこかの場面で盛り上がるタイミングが来るのですが、ここで大切なことが話が盛り上がったところで中断することなんですね。

 

というのも、話のピークに差し迫った頃に急にラインを終わらせると、相手にまたこの人とラインがしたいと思わせることができるからです。

 

実際に心理学でゼイガルニック効果というものがありまして、人は気持ちが高まったところで中断されるとそういう感情は記憶に残りやすいと言われています。

 

要するに人間って途中で辞められると気になって仕方のない生き物なんですよ。

 

ドラマが良い例で、「最高潮に盛り上がってきたところで、お楽しみは次回です」というケースがほとんどだと思います。

 

あれは、そうやって中断したほうが視聴者にいつまでも記憶してもらえて、次週までに感動を引っ張ることができるから使われているわけです。

 

ラインでも同様で、話が盛り上がってきた頃に

 

「明日早いから、続きは明日ね」

 

なんて言えば、相手は

 

「うーん、物足りなかったな。早く明日にならないのかな」

 

とあなたを考えてくれるようになります。

 

そうなれば、もう貰ったようなもので少しずつ自分のペースに持っていくことができますよ。

 

相手に自分を夢中にさせるにはもってこいです。

 

ラインテクニック4つ目でした。

 

 

その⑤ : 相手の興味のある場所をデートに選ぶ

テクニック5つ目は、相手の興味のある場所をデートに選ぶことです。

 

ラインの終盤戦に差し掛かると相手をデートに誘う場面が出てくるかと思いますが、ここで重要なことが相手の興味のある場所にデートに誘うことなんですね。

 

というのも、相手の興味のある場所を提示した上で誘いに乗り出すと誘われた側を断りにくい環境に追い込めるからです。

 

例えば、こんな感じでチャットのやり取りを進めていきます。

 

: A子ちゃん、最近、ここだけは絶対に行ってみたいというお店はないの?

 

A子 : 〇〇ってお店に行ってみたいな。

 

: あっ、いいね。俺もちょうどそこに行ってみたかったんだよ。

 

A子 : 最近流行りだし、一回は行ってみたいよね!

 

: だよね!だったら今度、一緒に行こうよ!

 

みたいな感じで、相手に行きたい場所を先に提示させることで相手がなかなか断りにくい状況を作り出すんですよ。

 

自分からここに行きたいと宣言させているので相手にとって行けない理由を潰せていますよね。

 

人間はある程度合理的な選択をする生き物なので、すでに自分が一回言ったことを簡単に撤回することはできません。

 

だからこそ、これを上手く利用できると何とかデートまで持ち込むことができるようになるわけです。

 

少しでもデートの成約率を上げたいのならこの手法を使わない手はありませんね。

 

ラインテクニック5つ目でした。

 

 

補足 : 更に詳しく知りたい方向けにおすすめの本を紹介します

上記でラインのテクニックを5つ紹介してきました。ここからは、さらに詳しく知りたい方に向けて僕が参考になった本を紹介していきます。

 

今回は僕がたくさん読んできた中で1番良かったと思う本を1冊に厳選しました。ラインテクニック以外に技術も知りたい方はぜひ。

 

本 : 恋愛心理学


男心・女心の本音がわかる恋愛心理学 スッキリわかる! [ 匠英一 ]

 

ご紹介する本は匠英一さんの男心・女心の本音がわかる恋愛心理学です。

 

この本を読む最大のメリットは説明がわかりやすい点にあります。

 

というのも、マンガとイラストで書かれているので読んでいてリアリティがあるからですね。

 

普段から本は読まないけど、マンガは読むという方にはとっつきやすい本だと思います。

 

内容は男心・女心を徹底的に分析しており、どのようにすると私生活に生かせていくのかそのメソッドが書かれています。

 

恋愛初心者におすすめです。

 

 

【重要】知識マニアだけにはなるなという話

上記で、僕が恋愛工学から得られた役立つテクニックを5つ紹介し、さらに詳しく知りたい方にはおすすめの本を紹介してきました。

 

ここで、1つ伝えたいことがありまして、それは知識マニアだけにはなるなということです。

 

というのも、恋愛工学の知識が増えただけでは異性を落とすことはできないからです。

 

かなりの数で、

 

「今、5冊ぐらい本をずっと読んでいます。勉強になります。」

 

 

みたいな人がいるのですが、しかし結局、知識が増えただけではデートに行くことはできませんよね。

 

だからこそ、知識を得るだけでなくアウトプットすることが必要になってきます。

 

アウトプットすることで知識がさらに定着され、どのテクニックが実戦で使えるのか自分の中で分かるようになるからです。

 

さまざまなテクニックがありますが、100発100中で効果があるとは限りません。アウトプットすることで取捨選択していきましょう。

 

知識マニアだけにはなってはいけませんよ。

 

 

さいごに : ラインテクニックを身につけ無双しよう

というわけで、今回のブログも終わりの局面に入ってきました。

 

結論、言いたかったことはラインテクニックを身につけて無双しようということです。

 

というのも、ラインテクニックを身につけると異性とのチャットのやり取りをスムーズにできるようになるからですね。

 

また、科学的根拠に基づいたテクニックを利用しますので使い方さえ間違えなけば必ず成果を出すことができます。

 

まずは場数をこなして経験値をストックしていきましょう。

 

ということで、今回はここら辺にしておきたいなと思います。ご視聴ありがとうございました。

 

 

-恋愛

執筆者:

鹿児島県出身で1999年生まれ。現在は島根県立大学に在籍。趣味は島根をhacksしていくこと。最近では浜田市の漁港でアオリイカ狩りにハマっています!