島根の学生ブロガー

地方の魅力を発信するブログです

田舎 移住

田舎へ移住を検討する若者が増えてるのはなぜ?【人気な理由を考察】

投稿日:2019年5月21日 更新日:

これから田舎へ移住を検討している人

 

「最近、ニュースや新聞で田舎へ移住する人が増加していることを知ったけど、どうしてですか。その理由を教えてください」

 

 

と考えていませんか。

 

 

今回の記事ではこういった疑問に答えます。

 

 

本記事を書いている僕は現在、島根で田舎暮らしをしている学生です。

今回の記事では田舎の学生である僕の視点から田舎へ移住している若者が増えている理由を考察しました。

 

 

*本記事は3分ほどで読み切れるようになっております。少々お付き合いくださいませ。

 

では、さっそく本題に入っていきましょう。

 

 

近年、田舎へ移住を検討する若者が増えてきています

近年になり田舎へ移住を検討する若者が増えてきています。

 

以下のグラフをご覧ください

 

     図表2-1-5 都市住民の農山漁村への定住願望(ある・どちらかというとある)

地方移住等地方移住のヒト(定住人口)の流れ-国土交通省から引用

 

 

20〜29歳に注目してもらいたいのですが、2005年度の20〜29才の田舎への関心度が30.3パーセントですよね。

 

しかし、2014年度では38.7パーセントと約10年で8.5パーセントも若者の田舎への関心度が上がっていることが分かります。

 

近年になり田舎もありなんじゃないかという新しい価値観が若者の間に浸透してきている表れですね。

 

では、なぜ最近になって若者が田舎を注目し始めてきたのでしょうか?

 

 

若者に田舎が人気の理由は【3つ】

 

僕が考えるに若者に田舎が人気の理由は3つです。

 

  • ① : 田舎でも出会いを獲得できるようになった
  • ② : 貯金しやすい
  • ③ : 資格やスキルを身につけやすい

 

順を追って説明していきます。

 

理由① : 田舎でも出会いを獲得できるようになったから

一つ目の理由は、田舎でも出会いを獲得できるようになったからです。

 

近年、急速に進むテクノロジーの進化でマッチングアプリが登場しました。なので、田舎に在住の方でも気軽に出会いを掴むことができるようになったんですよね。

 

ひと昔前までは田舎で恋愛するとなると、知り合いの伝手か、もしくは数少ない合コン・街コンでチャンスを掴むしか方法がありませんでした。

 

しかし、今ではボタンを一回クリックするだけで異性と繋がることができる時代になったからです。

 

年頃の若者にとって恋愛はビックイベントだと思います。田舎でも気軽に恋愛できるようになったので移住の検討が増え続けているのではないでしょうか。

 

詳しい記事はこちらに載せてあります。

*超有益記事です。

 

理由② : 貯金がしやすい

二つ目の理由は、貯金がしやすいからです。

 

田舎に住んでいて感じることでありますが、田舎で生活するとあまり生活費がかかりません。生活費がかからない分、余ったお金は貯金に回すことができるんですよ。

 

そこに今、若者が着目し人気が出てきていると僕は考えています。

 

実際のデータからも、それを根拠づける結果が出ておりますのでご覧ください。

 

  f:id:sekkachipapa:20170821145213j:plain

 

勝ち組はどっち?年収400万円の田舎暮らし vs 年収600万円の都会暮らしから引用

 

こちらは東京都と鳥取市の一か月にかかる生活費の平均を指し示めしたグラフになります。

 

東京都では一か月にかかる生活費が275,140円なのに対し鳥取市では一か月にかかる生活費が231,979円と、一か月で約4万円ほどの差額が出ていることが分かりますよね。

 

これを年間換算に置き換えてみると

 

4万円×12ヵ月=48万円の差額です。

 

ここまでくるとお金のない若者にとっては圧倒的に、田舎に住むほうがお得ですよね。

 

また、仮に25歳から田舎に住み始めるとして定年を迎える65まで田舎で生活すると、

 

48万×40年=1920万円の差額になります。

 

1920万円ですよ!とてつもない金額です。

 

今や、終身雇用の制度も崩壊しつつあり、老後の資金は己の力で蓄えなければならない時代に突入してきました。我々、若者世代にとって1920万を貯めれるとなればこれはかなり大きいことですよね。

 

政府も老後に最低でも2000万円は不足すると発表しています。田舎暮らしが良いと考えるようになってきた若者の動向も必然的です。

 

 

理由③ : 資格やスキルを身に着けやすい

3つ目の理由は、資格やスキルを身に着けやすいからです。

 

前述でも述べたように今や終身雇用も崩壊しつつあります。そして、その流れに引き続いて転職も当たり前の時代に入ってきました。

 

そこで若者が持っていると強みになるのが資格やスキル。その資格やスキルが身につきやすい環境が田舎にあることに若者が気づき始めているのです。

 

なぜならば、周りに誘惑がないからですね。最速で集中して資格やスキルを身に着けたいという若者にはもってこいな環境となっています。

 

もちろん、田舎では学習情報や学習環境が不足しているのではないかという懸念の声が聞こえてくることも想像できますが、それに関して答えると心配いらないです。

 

今の時代はインターネットがありますよね。なので、質の良いオンライン教材やオンライン塾は世にたくさん出回っているんですよ。

 

スタディサプリなどがその例でコンテンツも充実しているものが多いです。ですから、わざわざお金をかけてまで都会にいって勉強する必要はもうなくなりました。

 

 

田舎に移住するなら早めにしておいた方がいいという話

 

上記で、なぜ最近になって田舎へ移住を検討する人が増えてきているのかその理由について考察してきました。

 

ここまで読んでもらい、田舎暮らしもありなのかと考えが膨らんできた方も多いのではないかと思います。

 

ここで僕ができるワンポイントアドバイスは

 

早く行動した方がいいぞということ

 

なぜなら、早めに行動した方がお金に余裕が生まれるからですね。

 

先ほどグラフで示しましたが、1年遅れるだけで約48万円もの差が出るんですよ。早めに行動した方がいいのはバカでもわかります(笑)

 

ということで今回は以上になります。ご視聴ありがとうございました。

 

-田舎, 移住

執筆者:

鹿児島県出身で1999年生まれ。現在は島根県立大学に在籍。趣味は島根をhacksしていくこと。最近では浜田市の漁港でアオリイカ狩りにハマっています!