島根の学生ブロガー

地方の魅力を発信するブログです

田舎 移住

田舎へ移住すると実はお得なことばかり?【実体験から語ってみた】

投稿日:2019年5月21日 更新日:

これから田舎へ移住することを検討している人

 

「これから田舎暮らしを始めようか考えているけど、住んでいてお得なことって何なのかな。」

 

と考えていませんか。

 

 

今回の記事ではこういった疑問に答えます。

 

 

本記事を書いている僕は現在、島根で田舎暮らしをしている学生です。

僕自身も田舎暮らしをすることが決まってから、ネットで「田舎に住んでお得なこととは?」なんて調べていました。

しかし、詳しく書いてある記事がなかなか出てこなかったんですね。

そこで、今回は過去の僕の悩みに答えるかたちで記事を書きました。

 

 

 

*本記事は3分ほどで読みきれるようになっています。

 

では、さっそく本題に入っていきましょう。

 

 

【実体験】田舎に住んでみてお得だと感じたことは【2つ】

 

僕が田舎に住んでみてお得だと感じたことは3つです。

 

  • ① : 生活費がかからない
  • ② : 融通が利きやすい

 

順を追って説明していきます。

 

 

お得なこと① : 生活費がかからない

 

1つ目は、生活費がかからないことです。

 

なぜならば、田舎は家賃が安い傾向にあるからですね。

 

実際に僕を例にすると、僕は毎月の生活費が5万5千円ぐらいで、そのうち家賃が3万円で生活しています。

 

一人暮らしということもありますが、それでも安いほうかなと。東京で生活している大学生と比較すると明らかです。

 

こちらが東京で生活している大学生の家賃相場

 

https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/52226から引用

 

 

上記の図から、東京で生活している大学生の5割近い人は毎月の家賃を5万円~8万円支払っていることが分かります。

 

島根の田舎で月3万円の家賃で生活している僕と比較しても金額の違いは明らか。田舎で生活するほうが家賃を抑えられます。

 

家賃は食事代と並ぶ生活費のなかで最もお金がかかる部分です。その家賃を抑えることができるのはかなり大きいです。

 

 

お得なこと② : 融通が利きやすい

 

2つ目は、融通が利きやすいことです。

 

なぜなら、仲が良いからですね。

 

田舎ということもあり、みんな仲が良いのでちょっとしたことでは怒りません。

 

お会計の時が良い例で、財布を忘れても次払うときで許してもらえます。本当はダメですけどね(笑)地域のみんなが信頼しあっているから許されるんです。

 

田舎は他にも融通が利きやすい場面がたくさんあります。とても住みやすい環境なのではないでしょうか。

 

 

最後に

上記で3つの田舎に住んでみてお得だと感じたことを取り上げました。

 

  • ① : 生活費がかからない
  • ② : 融通が利きやすい

 

実は上記以外にもたくさんあるんですよね。

 

田舎はどうしてもマイナスなイメージを持たれがちですが、実際に住んでみるとお得なこともたくさんあります。

 

良かったら僕の関連記事もどうぞ。こちらの記事でも田舎の良さを詳しく書いております。

 

ということで、今回は以上になります。ご視聴ありがとうございました。

 

 

-田舎, 移住

執筆者:

鹿児島県出身で1999年生まれ。現在は島根県立大学に在籍。趣味は島根をhacksしていくこと。最近では浜田市の漁港でアオリイカ狩りにハマっています!