島根の学生ブロガー

地方の魅力を発信するブログです

田舎 暮らし

田舎暮らしを経験して感じたことは3つ 【価値観が変化】

投稿日:2019年5月22日 更新日:

 

田舎暮らしを経験してみたい人

 

 

「ネット,本,周りの友人から田舎暮らしの情報を見聞きして、なんか面白そうだな。私も経験してみたい。実際に田舎ってどんな感じなの?」

 

 

と考えていませんか。

 

 

今回の記事はこういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • 田舎暮らしを経験して感じたことは3つ【実体験込み】
  • 田舎暮らしは自分の価値観が変化するチャンスです

 

 

本記事を書いている僕は現在、島根の田舎で生活をしている学生です。

本記事は僕の実体験をもとに田舎暮らしを経験して感じたことを赤裸々に暴露しています。

本文自体は3分ほどで読みきれるようになっておりますので少々お付き合いくださいませ。

 

 

ではさっそく本題に入っていきましょう。

 

 

 

1.  田舎暮らしを経験して感じたことは3つ 【実体験込み】

 

僕が田舎暮らしを経験して感じたことは3つです。以下の順に沿ってお伝えしていきます。

 

  • ① : 田舎のリアルな事実は【2つ】
  • ② : 省エネ生活が可能
  • ③ : グルメ中毒になってしまう

 

 

 

1.  田舎のリアルな真実は【2つ】

 

親友ができやすい

 

1つ目は、親友ができやすいことです。

 

なぜなら、田舎はコミュニティが狭いからですね。

 

これは田舎ならではの人口が少ないことが影響しています。

 

また、その影響もあって田舎で生活している人の多くはたくさんの人と関わっていくというより、むしろ少ない人と深い関係性を築き上げている人が多い印象です。

 

実際、僕の周りには親友がいるという人が多いですね。自分の場合もまさにそうでした。

 

以前までは親友がいたことない悲しい男だったんですが、田舎というコミュニティに属することでなんでも話せる親友ができたんです。今となっては田舎には感謝しかないですよ。

 

誰かと今後深い関係性を築く経験をしてみたいという人にはもってこいの環境です。田舎のリアルな真実の一つとしてぜひ抑えといてください。

 

 

噂がすぐ広まる

 

2つ目は、噂がすぐ広まることです。

 

「えっまじで?」と思った方もおられると思いますが事実なんです。

 

1つ目の理由と同様に、コミュニティが狭いからなんですね。コミュニティが狭いということはやっかいな面ももちろんあるんですよ。

 

実際に僕の友達のは「好きな子に告白して成功した,失敗した」という情報があっという間にみんなに知れ渡ってました。

 

なんで君が知ってるの??って感じに…。

 

他にも良いこと悪いこといろいろな事がありますが、基本的にみんなが認知してしまうということが田舎のリアルな真実です。

 

ぜひ抑えおいてください。

 

 

2.  省エネ生活が可能

 

次に田舎暮らしを経験してみて感じたことは、省エネ生活が可能ということですね。

 

これは都会で生活をしていると間違いなく無理でした。

 

そもそも省エネ生活とは何かと説明しますと、無駄にお金を浪費せずに生活できるということです。田舎での生活だとこれが可能なんですよ。

 

なぜなら、基本的に家賃も安く物価も低い傾向にあるからですね。

 

押さえるべきとこはきっちり押さえれるということがおいしいとこです。

 

僕を例に挙げてみますと、現在僕は島根の田舎で学生をしてますが、家賃3万+電気光熱費1万+食費2万の計6万円ほどで毎月生活を送っています。

 

これだけ生活費を抑える事ができると他にたくさんの使い道がでてくるので大変助かっています。

 

無駄なお金の浪費を避け自分のやりたいことのためにお金を貯蓄したい方にはもってこいの環境ですね。

 

 

3.  グルメ中毒になってしまう

 

3つ目は、グルメ中毒になってしまうということです。

 

これを聞いて「大袈裟だろ?」と思った方もおられると思いますが本当ですよ。

 

なぜなら、田舎には昔からの老舗のお店が多いからです。

 

そしてそれがまた超美味いんですよ。都会にたくさんあるチェーン店とかはあまりないですが、一つ一つにこだわりを持ったお店が多いのでどうしても足を運びたくなるんです。

 

実際に僕は度々友人とグルメ巡りに行きます。やっぱり田舎でしか食べられない食材は食べておきたいからです。

 

グルメと一言でいってもお肉,お魚,野菜,果物とたくさんありますよね。それぞれの分野に長けたお店に行くことでいつもと違った味を楽しめますよ。

 

これも田舎でしか経験できない醍醐味の一つです。

 

 

2.  田舎暮らしは自分の価値観が変化するチャンスです

 

田舎暮らしは自分の価値観が変化するチャンスです。

 

なぜなら、普通では体験できないことを経験できるからですね。

 

現在の世の中の流れとして都会至上主義みたいな雰囲気が漂っていますが、田舎も負けてはいません。

 

僕の場合、島根の田舎にきて自然のなかで遊ぶことを経験したことによって、自分の身をもって遊ぶことの面白さを知りました。

 

以前までの自分は都会に出て、オシャレなカフェに行ったり,ショッピングモールで買い物したり,友達とカラオケで歌うことが絶対に楽しいんだ。と思っていたんですよね。

 

しかし、田舎の自然を通して遊ぶ面白さを知ったとき「田舎もありじゃん、むしろ都会よりも良いかも」と考えられるようになったんです。

 

まさに、自分の価値観が変化した一つのきっかけでした。今回は僕の例を挙げましたが、決してこれだけではありませんよ。

 

他にも田舎で生活をしていると以前までの自分の価値観が揺さぶられる瞬間があります。 一度、田舎暮らしを体験してみると良いでしょう。何か必ず得られるものがありますから。

 

 

最後に

人生で一度は田舎暮らしを体験するべきです。長期間だけということではなく短期間でも十分経験できることはたくさんあります。

 

ぜひ今後の選択肢の一つに取り入れてみてください。

 

ということで今回は以上にです。ご視聴ありがとうございました。

 

-田舎, 暮らし

執筆者:

鹿児島県出身で1999年生まれ。現在は島根県立大学に在籍。趣味は島根をhacksしていくこと。最近では浜田市の漁港でアオリイカ狩りにハマっています!